うつ病の多くが躁うつ病

双極性障害というのは、誰しも、
一生に一回はその状態に陥ると言われています。
また、男女に全く関係なく、どちらの性であれ、
100人に1人は双極性障害を患うものであると言われています。

しかし、あまり知られていないのが、
うつ病であると診断された方の10人に1人が、
最終的には双極性障害だと判断される
ということです。

この場合、次の二つにケースが分かれます。

1. うつ病として診断を受けたとき、実際に躁の傾向がなかった。
2. 本当は双極性障害であるのに、あるいは軽躁のため見落とされた。

また、この双極性障害というのは、だいたい、
30歳前後で発症することが多いと言われています。
鬱が最初なのか、躁が最初なのかは、半々であるようです。

わたしの場合は、うつの症状がつらすぎて心療内科に行ったのが最初ですが、
もしかしたら、仕事に熱中するときの自分は、
かなり普通の同僚たちと比べても熱の入りようがすごくて、
睡眠や食事を忘れて目的を達成するまでやめられないという、
まるで意志にとりつかれたような状態になることがありました。

これは、躁の状態だったのかもしれません。
とてつもなく自信がありましたし、また、
あまりにも熱中するためか、会社では誰より結果を出せていました。

それがある日とつぜん、調子が悪いなぁと思うようになり、
最初はあまり気にしませんでしたが、
そこからは、けっこう早かったと思います。

なので、わたしは躁が最初だったのかもしれません。
ただし、この状態を躁だというのであれば、
わたしは今でも躁が治っていないのかもしれませんね。

他人様に自分の躁のせいで迷惑をかけることはなくなったものの、
万能感というか、すごい力がわいてくるときがあり、
これは躁と見なすべきなのか、分かりません。

精神の病気はほとんど解明されませんが、
ひじょうに判断が難しいことがあります。

ただ、言えることは、おかしいなと思ったら、
現代ですから、お医者さんの意見を聞きに行くのも重要だと思います。

我慢して頑張っていると、いきなり落ちる場合があります。
わたしの勤務先でも、やはりうつ病の方はおられますが、
1人は、すごく明るく元気な女性だったのに、
いきなり全く出勤できなくなってやめてしまったことがあります。

驚きました。

このようなことにならないためにも、
たしかに、病院にはあたりはずれはあると思いますが、
色々意見を聞くのはいいと思います。

あとは、本当に、休むことですね。
とにかく自分をよしよししてやってください。

知らないうちに、心というのは、限界を迎えていることがありますからね。
病気でも痛みに気づいたときは手遅れということがあります。
心も同じなので、なにごとも早期対策が重要だと思います。

↓↓ポチっとしてくださると励みになります!!

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



コメントを残す

CAPTCHA