元気のない犬と父の治療エピソード

スポンサーリンク

わたしはシーズーとチワワの二匹を飼っているのですが、

年齢がお姉ちゃんのほうの、シーズーの元気がありません。

 

以前本当に危ない状態を夜中助けてもらった恩のある、

神奈川の川崎の動物病院まで行って、

詳しく検査をしたのですが、

 

年齢が15歳ということもあり、

どこかが悪いということではなく、

寿命が近づいているというニュアンスで伝えられました。

 

お金がかかるけど、二人一緒にいるために、

タクシーで一時間半くらいかけて行ったのですが、

帰りは涙がとまりませんでした。

 

子供の頃、父がラブラドールを飼っていたのですが、

急に元気がなくなり、犬小屋から出てこなくなったことがありました。

 

私はそのときも怖くなって、まだ子供でしたので、

泣いてしまったのですが、父はまったく表情を変えずに、

 

「ここに色が見えるか? 悪さをしてるのはこいつだよ」

 

こう言って、お腹の箇所に手をあてて、数日で治してしまったことがあります。

 

どうやって治したのかを教えてくれたことがありますが、

やはり子供だったうえ、そもそも普通の人には難しい技術だと思いますし、

今でも理解ができません。

 

父が言ったのはこんな感じでした。

 

「命というものがあるね。犬も命をもって生きている。

命というものは永遠に衰えないけれど、

肉体と質料は、さまざまな原因から、衰えてしまう運命にある。

病気は衰えた質料の集まりだから、そこに、

命が永遠に、そして無限にもっているエネルギー、

つまり命そのものを手のひらの磁力の箇所に引きつけて、

衰えた質料の上に新しい命として置き換えるんだよ」

 

父の言葉そのままを覚えているわけではないので、

ちょっと違った言い方で曖昧になってしまってますが、

こんな感じでした(ちなみに父は無宗教者です)。

 

それを思い出して、わたしはこの数日、

時間が許すかぎりずっと、愛の思いを込めて、

エネルギーを手の中心に集めて、

色んな箇所に手を当てたり、大丈夫だよと声をかけたり、

撫で続けたりしてきました。

 

すると、気のせいかもしれませんが、

少しずつ元気になってきたようなのです。

 

水を飲みに行くこともできなかったのですが、

時々立ち上がって、ちゃんとトイレシーツで用をたし、

また水を飲んでわたしのところに帰ってくるようになりました。

 

父のまねごとが効いたのかは分かりませんが、

先ほどほっとして、心がだいぶ楽になりました。

と同時に、私にも、父と同様に、

治すという力があるんじゃないかと、

不遜ながらも希望を持ちました。

 

でも、父は言っていました。

 

「運命があり、運命の管理者がおり、

いわば彼の許す範囲でしか、

人であれ犬であれ治療することは許されていない。

何もかも治せるというわけではないんだよ。

 

また治療をする者のレベルによっても変わってくる。

治療者の色と、患者の色の違いも大きく影響を与える。

 

俺がいくらやっても治らないときは、

理解をもって諦めるときだ。

 

いいね、だから最悪の事態になっても、悲しまず、

今までありがとうという気持ちを込めて、

ただ抱きしめてあげなさい」

スポンサーリンク



人気ブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村



コメントを残す

CAPTCHA