双極性障害Ⅱ型(2型)について

双極性障害はⅠ型とⅡ型があります。

Ⅰ型というのは、普通の双極性障害です。
つまり、躁の状態と鬱の状態を交互に繰り返す精神疾患のことです。

Ⅱ型の場合は、躁に関しては入院の必要性がなく、
基本的に、うつ病のほうが強くて、どちらかというと、
双極性障害でありながら、うつ病の方に精神の状態が傾いています。

わたしの場合は、最初はⅠ型でしたので、
躁のときは大変でした。もちろんうつのときも大変なのですが、
躁は躁で、他人様に迷惑をかけてしまうので、
本当の自分なら絶対にやらないようなことをしてしまうのです。

理性を躁の元気なパワーが上回りますので、
普通であるならば出来ないようなことさえ、
平気でやってしまうのです。

そのため、たくさん友人を失うことになりますし、
結婚している方や、誰かとお付き合いをしている方などは、
大切なパートナーを失ってしまうことになりかねません。

このように、躁は自分を抑える力を失いますので恐ろしいです。

やがて、わたしはこの状態がなくなってきて、
双極性障害のⅡ型になることになります。

この双極性障害Ⅱ型というものは、躁の状態がなくなってくる代わり、
うつの状態がより強くなってきます。

うつの症状というものは様々な他の精神疾患の引き金になりますし、
人生において自分に対して極端なことをしでかしてしまう可能性も秘めています。

掃除が大好きなわたしですら、まったく掃除ができなくなって、
メイクもせず、食事はマンションの上で摂るか、
やがてそれも毎回一人、しかもノーメイクということで、
最初は水泳の帰りのように見せかけていましたが(プールの解にある)、
水泳することも無理になってきたので、

AmazonのPrime Nowというサービスをネットで見つけて、
いわば宅配ですね。一時間、二時間で来ますので、
そして、不健康を我慢すれば、大抵のものはそろうので、
毎日、利用するようになりました。

だいたい、ヨーグルト、納豆、豆腐、食パンあたりを買ってました。

そう考えると、やはり、体重も減ったので、
拒食症とまでは全然いきませんが、食欲はかなりなくなります。

すごく落ち込む時期が長いので、わたしはなるだけ寝るようにしました、
というか、きつすぎるために、寝てばかりいました。

やがて休職をしばらくすることになるのですが、
やはり休まないと絶対にダメだと感じました。

休まないかぎり、症状が一向に軽くならないです。
どうすれば症状がよくなるのか、考えましたが、
それについては別に書くことにしますね。

↓↓ポチっとしてくださると励みになります!!

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



コメントを残す

CAPTCHA