双極性障害の従兄弟と会えなかった

スポンサーリンク

3日の昼に叔父の家へと行ってきたのですが、
双極性障害になった15歳の従兄弟はいなくて、
姉二人しかいないなぁと思いつつ、
彼女たちや叔父夫婦と色々話していたのです。

 

それでもしばらくすると気になって、
お年玉も一応持って行ってましたから、
彼は今日はいないの? と聞いたところ、

 

寝ている。とのことでした。
昼夜逆転していて、夜にゲームばかりしていると、
お姉ちゃんたちが言ってましたね。

 

それで、あれこれ考えて行きはしたものの、
結局会えずじまいで、夕方には帰ってきました。

 

その後、何もできなかった感がすごくて、
その影響なのか、知らないうちに叔父の家で無理を
していたのか、どんどん調子が悪くなってきて、

 

一度どうにもならない感じだったので、
二三時間かな、眠ったのですが、うつ病のときの、
あの独特のけだるさが襲ってきまして、

 

体温を測っても熱はないし、
これといった風邪の症状もないので、
あー、また来たのかと思って、ここしばらく、
過眠と言っていいほど、眠りまくっていました。

 

今日は昼間、少しだけよくなってきてお風呂に入り、
部屋を掃除して、買い物にいって、お料理して食べて、
そのあと一休みしてもまだ少し元気でしたので、
散歩にいってきました。

 

寒かったですね。
それで、スポーツウェアで一応出ましたので、
少しずつ走りはじめて、だんだん暖まってきて、
走るのが心地よいくらいになって、
最終的にけっこうな距離を走ってきました。

 

いま、帰ってシャワーを浴びて、
ブログを少し最近書いてなかったかもと思い、
なにか特別なことはなかったのですが、
近況報告として書いています(^^)/

 

うつのときはきつかったですが、
じっくりと休養したので、そこまでひどくなく、
回復もはやかったですが、油断は禁物なので、
自分が静養中であることをしっかり認識して、
じっくり寛解へ向けて歩んでいこうと思います。

スポンサーリンク



人気ブログランキング
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村



コメントを残す

CAPTCHA